kaeru 05

困った時に一人にしません!

困った時に一人にしません!

手あついまちへ よろず相談 2000件突破!

お年寄りの一人暮らし、子育ての不安、DV、不当な解雇、パワハラ、引きこもり、身寄り問題 だれも孤立させません 議会の内で外で解決してきました!

子育て支援センター廃止撤回運動
子育て支援センター廃止撤回運動
こどもたちの生活実態調査を実現
こどもたちの生活実態調査を実現
18年目のおにぎり炊き出し
18年目のおにぎり炊き出し
生活や身寄りのご相談
生活や身寄りのご相談
道路改良工事1 危険な停止線
道路改良工事1 危険な停止線
道路改良工事2・歩道の拡幅
道路改良工事2・歩道の拡幅

今日の日本では「子ども(18歳以下)の6人に一人が相対的な貧困状態に育っている」と言われているのですが、昨秋の西日本新聞に九州の子どもの貧困が記事になりました。その記事では、「なかでも鹿児島県の子どもの貧困の割合が20%を超えている」とする推計表が掲載されたのです。
これまでに、市議会の本会議でも貧困や生活困窮の実態を質すと、「鹿児島市の状況に具体的な把握は無いが、全国と同様の傾向にある」との答弁が示されてきました。鹿児島市に18歳以下の子どもは11万596人暮らしています(平成26年3月時点)

その2割の子ども達が貧困状態にあると想定すると、2万2119人の子ども達が実態を自治体によく把握されないまま、日々を過ごしていると考えられます。

学力の定着や栄養、心身の健康のための衛生管理、進学、就労等子どもたちの育つ環境で自治体が積極的に取り組む必要がある分野は少なくありません。一つ一つ、具体的な課題について公共的な予算配分や事業を実施する必要があります。

野口はそのために無料の学習支援や子ども食堂、虫歯の治療などの提言を続けています。貧困に改善は見えず、むしろ、全国的に貧困と格差の拡大が社会の不安定に拍車をかけている。との報道が相次ぐ状況です。貧困に対する政策が希薄な自治体は中長期的にも活力をなくす一途をたどるものと考えます。

税金には限りがありますが、これからも、これまでのように元気な楽しいまちづくりをすすめていくためにも、子どもたちの貧困を無くす政策を実現したいと思います。

のぐちのテーマ

  1. 貧困家庭の子どものための 食堂/無料学習支援/健康衛生管理/口腔・虫歯ケア
  2. 子育て世代が働きやすく、産みやすく、育てやすく、預けやすく
  3. 老いてからも心身安らぐ 暮らしやすい街へ

5年間の実績のページへ

これからの政策

貧困撲滅! 健やかなこども時代と子育て世代のために

  1. 子育て支援センター廃止撤回→増設(中学校にひとつずつを目指して)
  2. 学校で使用する文具購入品の絞り込みと一括購入貸し出しで親の負担減へ
  3. 段階的にでも小中学校の給食の無償化とオーガニック給食の推進
    (子どもの食の安全・有機農業推進のため給食に 県産・有機農産物の食材を積極的に導入)
  4. 提供型奨学金(返済義務なし)の大幅な充実… 若者に抱えきれない負債を背負わせる現在の奨学金制度を廃止
    (卒業後鹿児島で未来を担ってもらえる若者に市の補助による返済不要奨学金)
  5. 病気や望まない妊娠を防ぐための性教育の充実
  6. 里親制度の普及増進
  7. 労働賃金を含む、男女平等の推進
  8. 同一労働同一賃金推進のために法律知識の発信提供

お年寄りの毎日を全力支援!

  1. 身寄り問題や社会的孤立の予防策としてケアつきアパートや互助会の推進
  2. バス、タクシーの買い物サポートチケットの配布
  3. 酷暑対策に街中、バス停、電停にベンチのある屋根付き停留所整備
  4. 介護予防のために、健康遊具の増設や、小中学校プールの地域開放
  5. パーキングパーミット適正使用と当事者が本当に使いやすいパーキング環境充実
  6. 高齢者や交通弱者(自家用車・バスのない方や買い物難民)の移動支援策充実
  7. 車いす単独で乗降可能な電停とバス停の完備 ※2018年唐湊電停にて実現 提案を続けます
  8. バリアフリー・ユニバーサルデザインによる公共事業の推進
  9. 困った時の窓口となる市職員に精神的にも追い込まれている方とのコミュニケーション研修を

その他

  1. 全国的に激務で人材不足の児童相談所。新児童相談所のために財源、人材確保、建設場所、一時保護等、提案を重ねる
  2. 無認可保育所の呼称の改定と補助額大幅増額
鹿児島市議会議員 のぐち英一郎 無所属6期目

鹿児島市議会議員 のぐち英一郎
〒892-8677鹿児島市山下町11-1

©2020 鹿児島市議6期目 困った時に1人にしません! 無所属1人会派市民ネット のぐち英一郎 | 円卓