のぐち英一郎の鹿児島ガイド#9『鹿児島市コロナウイルス対策0428』

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を踏まえて、暮らしのご心配があれば、いつでもお声かけ下さい。一刻も早い重大な事態の終息を願い、医療最前線、家計や教育、経営、介護など長期化の覚悟を想定して全方位で政治を前に進めます。

 

■ 鹿児島市の新型コロナウイルス感染症に関する取組【4月28日報道提供資料 発表分】

こちらから ※リンクは下記画像と同内容です

 


・PCR検査の実施
鹿児島市保健環境試験所におけるPCR検査の実施について報告を受けました。4月16日(木)から、鹿児島市保健環境試験所にて、毎週木・金曜日、一日あたり30検体の検査を実施とのことです。

・GW中の航空便「満席」表示へのご相談について
「ゴールデンウィークの東京、大阪からの鹿児島便が全便満席と表示のWEBサイトを見て怖くて仕方ない、止めて下さい」とのご相談を3桁の方から頂き、調査した結果をご報告しました。
後ほど公式に公表した大手航空会社もありましたが、満席の表示は、「WEBサイトはこの宣言下で予約を頂かないための航空大手の業務的対応」とのことで、全便満席で、東京大阪からもの凄い数の方が鹿児島空港に降り立つわけではありません。ゴールデンウィーク中も減便を継続、例えば、日本航空は
「一日当りの便数が、通常の6便が2便のみ、搭乗者は一便平均30人にも満たない」そうです。

・賃料のご相談など
自営の方々から、テナント賃料に苦しむご意見ご相談を、直接いくつも伺います。大家さんのご事情も勘案して、自治体としての即効性のある政策実施を伝えました。天文館からの悲鳴を、市と県と国の行政に届けていきます。
商工会議所の「新型コロナウイルス総合相談窓口」はこちらです
なお、鹿児島県が、休業に際し協力金を支給すると発表しています。
「新型コロナウイルス感染症対策休業協力金(仮称)について」はこちらです
固定資産税は現状を踏まえ来年度は免除や半額の法制がなされる見込みです。