川内原発の再稼働を考える公開討論会

いつ:
2014年9月6日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
2014-09-06T13:00:00+09:00
2014-09-06T17:00:00+09:00
どこで:
かごしま県民交流センター 大ホール
料金:
入場料500円
連絡先:
公開討論会を実現する会
099-252-1826

「みんなで考えたい。鹿児島の大事なこと」

わたしたちの住む鹿児島にある九州電力・川内原子力発電所。川内原発は現在、原子力規制委員会による優先審査が進められており、国内で最初に再稼働する可能性が高くなっています。

九州電力は、川内原発の安全を主張していますが、危険性を指摘する専門家も多くいます。わたしたちはどう判断すればよいのでしょうか?

国による住民説明会が県内5カ所(薩摩川内市、いちき串木野市、阿久根市、さつま町、日置市)で予定されていますが、希望するすべての県民が参加できる保証はなく、県民の不安が解消されるものではありません。

そこで、広く県民に公開された場で原発推進、反対の両者が一同に会し公平に議論する公開討論会の実施を呼びかけます。

テーマは、①火山 ②地震 ③避難計画
それぞれ、①鹿児島大学井村隆介准教授、②大阪市立大学長沢啓行名誉教授③FOEjapan・満田夏花理事が、問題点を指摘していきます。

※実行委員会では、九州電力と鹿児島県に対して、安全を主張する講師派遣を要請していますが、現在のところ、両者は、参加拒否の姿勢を続けているようです。説明責任を公の場で果たすようにと、実行委員会は要請を続けています。

いずれにしても、九州電力、県の主張を踏まえた、問題点の指摘も行います。ぜひともお越しください。

日時:2014年9月6日(土)13:00開場 13:30開演 17:00終了
場所:かごしま県民交流センター 大ホール
入場料:500円
主催:公開討論会を実現する会
代表世話人:伊藤周平(鹿児島大法文教授)、高岡茂(鹿児島県保険医協会会長)、蔵元淳(弁護士)