2019年6月6日号-6月本会議に向けて-

1. 6月本会議に向けて

5月22日に、臨時議会最終本会議が終了しました。
6月本会議での個人質問の仕上げと、来年度予算案に向けたインタビューと現地調査に力を入れています。また今任期最終年度の委員会は、公園緑化、河川、水路、都市計画、住宅・建築、道路・橋りょう行政が専門の委員を勤めます。
今年9月・12月本会議質問と2020年度2500億円規模一般会計に向けた、あらゆるリクエストとアドバイスをお受けしてます。ご指摘ご助言やリクエスト、お気軽にお寄せください。

 

2. mark MEIZAN 見学会

市政報告会「のぐち英一郎とかたろかい」にご参加いただき、また関心をお寄せいただきありがとうございました。(次回は8月31日開催の予定です)
6月29日は、名山町に新しくできた「mark MEIZAN(マークメイザン)」見学会を予定しています。詳細は下記をご覧ください。

 

<お知らせ>

 

■ 川内原発で、今何が起こっているのか 久見崎現地報告会

日時:6月8日(土)15:00~17:00
場所:蒼浪地区コミュニティセンター(薩摩川内市久見崎町191-1)※滄浪小学校前、原発に向いて右側の久見崎集落内です
内容:①川内原発構内の大規模盛り土工事と3号機増設問 講師 向原祥隆(図書出版南方新社代表)
②川内港久見崎みらいゾーンの大規模工事と核廃棄物貯蔵 講師 杉原洋(鹿児島県立大学非常勤講師)
参加費:無料  主催:川内蓬莱塾

 

■ 海ガメのゆりかごこのままで!奄美嘉徳海岸 ジョン高木さん(奄美の森と海岸を守る会代表)の「自然の権利」のお話と歌
自然豊かな奄美大島の中でも有数の美しい海岸、嘉徳海岸。ここに巨大なコンクリート護岸工事の計画が進んでいます。でも、本当に必要な工事なのでしょうか。
自然砂丘が残る全国三大海岸、鳥取砂丘、石垣島と並ぶ、奄美の嘉徳海岸は、世界自然遺産登録もあり世界的に注目されている、貴重な海岸です。サーファーにも愛され、希少な海ガメ、オサガメも姿をみせてくれるスポットです。一度壊されてしまった自然をもとにもどすことはとても難しく、生態系への影響も少なくないと考えられています。
鹿児島の人たちに一人でも多くこのことを知ってもらいたいと、お話会の場を設けました。また翌日6/11(火)13時〜鹿児島地裁で、奄美嘉徳海岸訴訟がはじまります。どなたでも傍聴できます。
日時:6月10日(月) 19:30〜
場所:オーガニック・れすとらん作楽(さら)※鹿児島市城山町照国神社そば
参加費 無料 問合せ:090-6546-7022(赤星)

 

■「mark MEIZAN」見学会
日時:6月29日(土)13:30~15:00
場所:mark MEIZAN 鹿児島市名山町9-15※駐車場なし
問合せ:080-4314-1121(野口)※参加ご希望の方は事前にご連絡ください