2019年5月1日号-6月議会に向けて-

// 1. 6月議会に向けて  //

3月議会本会議が終わり、4月22日に桜島フェリーの島民割引制度などの陳情を委員会で審査しました。結果は残念ながら多数決で不採択でした。

2019年度は私の常任委員会は建設委員会です。
県知事がご意向を示される中央駅西口やドルフィンポート跡地、市電観光路線延伸、まちなか図書館やサッカースタジアム、商工会議所さんが切望されるMICEなど人口減と超高齢社会が進む中で、暮らしのクオリティを大切にしながら、数十年先を見据えた税金の使い方を議論します。

6月議会質問のため、ヒアリングやインタビューなど現地調査を続けています。「都市整備特別委員会」では、ドルフィンポート跡地の件などが審査項目に追加されました。個人質問の日程は決まり次第お知らせいたします。

5月1日に議会だよりが配布されました。私の本会議質問からは液状化マップ作成の件が取り上げられています。ご覧ください

 

// 2. 住宅リフォームに鹿児島市から補助がでます //

平成31年度「鹿児島市安全安心住宅ストック支援事業」のご案内がスタートしています。

https://www.city.kagoshima.lg.jp/kensetu/kenchiku/kenshido/documents/stock-chirashi.pdf?fbclid=IwAR21QttD27ovwXETOpj3FA3BSak4dBnRE2WdEwJLAzhdbchOH4U7LMg7-pw

バリアフリーや耐震だけでなく、私は「断熱」も強くお勧めします。
酷暑対策だけではなく、「ヒートショック予防」が大きな理由です。循環器系の突然死や、体温が寒いのに慣れてなくて脱衣で血管が収縮し、お風呂に入ると血管が開いて、心筋梗塞や大動脈解離、脳梗塞を招く危険があります。
予防法は、家屋内の温度差を5度以下に抑えること。そのために床壁天井の断熱が有効です。健康長寿のまちづくり実現や、省エネで光熱費水道費削減、そしてリフォームの資材や工事を地元の事業者に受注することで地元でお金が回り続ける。ビジネスモデルとして、断熱リフォームに注目しています。

 

// 2. まちなか図書館へのご意見を公開中 //

「まちなか図書館」にたくさんのリクエストやアドバイスを頂き、ありがとうございました。まちなか図書館へお寄せいただいた107件のご意見公開が始まっています。

https://www.city.kagoshima.lg.jp/kensetu/toshikeikaku/shimatiduku/documents/taiou.pdf?fbclid=IwAR0stZ5FgpKL8Z84HNgZHdeasnTGNC6uARcws4afYr8zEyKBP5cjR_sP9KA

<お知らせ>

■ のぐち英一郎とかたろかい-市民ネット市政報告会―

下記の日程で市政報告会を開催します。ありとあらゆる政治トピックスを縦横無尽に話し合います。どうぞお気軽にご参加下さい

日時:5月26日(日)10:30~12:00

場所:坂元小学校校内校区公民館