2019年2月1日号-公文書性別記載欄廃止・本港区再開発-

1.  1月の市議会活動など

積年提案してきた「公文書の性別記載欄の廃止」が先日の市長会見で発表されました。※法定と記載が不可欠なものを除く
1月下旬には、市民健康福祉委員会正副委員長による市立児童相談所を検討する報告。

桜島フェリーの陳情に向けた正副議長報告などがありました。児童相談所は開所まで4、5年を見込み、財源の確保、人材の育成、建設場所、特に児童の一時保護機能の詰めの作業に傾注。加えて虐待の予防にもつながる経済政策に尽力します。
また、東日本大震災で陸上自衛隊の後方支援をしていた方(去年より市役所危機管理課職員)による議員研修がありました。トモダチ作戦についてのレクチャーの最中に5階の会場が地震で揺れました。「訓練したことしか本番でできない前提で市民防災訓練を」と教訓を話されました。私も町内会や校区単位での防災訓練の少なさにかなりの危機感を持っています。皆様は過去1年間の間に、一回でも防災訓練に参加なさいましたか?

 

2. 本港区域再開発

ドルフィンポート跡地を含む鹿児島本港区エリアの再開発に「市電観光路線延長を含め、県と市が協議調整していく」と知事と市長の共同会見がありました。
スタジアムの場所が決定したら市民も交えた協議会の設置も決定場所、財源を含め最低30年先を見通した計画を望みます。市と県の連携不足の声を頂くこともあり、大きな取り組みなので開かれた合意形成の枠組みで進めていきたいです。

3. 学校教室の寒さ、今季はいかがですか

「教室が寒すぎる。対策を」と取り組み始めたのは去年の今頃、市の教育委員会から全ての市立小中学校へ、服装緩和などに関する文書が出されています。今年は寒さはいかがでしょうか。

<お知らせ>

■シンポジウム「暮らす」を支える「地域」で支える~地域福祉と社会的孤立~
家を借りたいけど借りられない。
社会的困難を抱えた方を地域でどのように支えるか一緒に考えてみませんか

日時:2月1日(金)13:00~16:30 (開場12:30~)
場所:鹿児島県歴史資料センター黎明館 講堂
参加費:無料
応募締め切り:1月24日(木)
詳細はこちら

■ 内山節講演会 〜幸せな未来のための地域デザイン〜
社会が土台から揺らぐ今、地域の在り方や暮らしを見つめなおし人のつながりが強まる地域経済や「共に生きる」地域づくりについて最南端の町から考えたいと思います。

日時:2月11日(月・祝) 13:00〜16:00
場所:南大隅町文化ホール(駐車場 町役場駐車場)
参加費:無料 ※託児あり無料要予約
講師:内山節(うちやまたかし)さん
哲学者 NPO法人森づくりフォーラム代表理事
パネリスト:山本伸司さん、高橋素晴さん
問合せ:内山節講演会実行委員会 090-1876-7427(スヤマ)

■とっても「ミ」になる勉強会のお誘い「ダンネツ」で地域を元気に!!
~みんなの健康を守りながら地域でお金が回り、働く人も中小零細業者も大企業もウィンウィンの税収アップビジネス「住宅と公共施設の断熱」(お部屋の窓&輸入置換からはじめる快適なまちづくり)

日時:2月25日(月)18:00~20:30
場所:鹿児島市中央公民館地下会議室
講師:田中信一郎さん 一般社団法人地域政策デザインオフィス代表理事・
要申し込み: 080-4314-1121(のぐち)※定数60名参加費無料