2018年8月8日号-生活保護利用者にエアコン購入費支給について- 

_/_/1.生活保護利用者にエアコン購入費の支給が認められています_/_/

※「いのちのとりで裁判全国アクション」 の一環で、申し入れなどが行われました。厚生労働省に緊急要望された内容をご紹介します。
記録的な酷暑が続く中、全国各地で熱中症で亡くなる方が続出しています。異常気象ともいえる状況の中、高齢・障害・傷病・幼少等の生活保護利用者の命と健康が危険にさらされていることを踏まえ、厚生労働省に以下の諸点を緊急に要望します。

1 生活保護利用者にエアコン購入費(上限5万円)と設置費用の支給を認める厚労省通知に関し、実施機関の柔軟な運用が可能であり
必要であることを含め、改めて周知徹底してください。
2 上記通知について、本年3月以前に保護開始された者も対象とするよう改正してください。
3 実施要領局長通知第7-4(2)アの「住宅維持費」としてエアコン修理費の支給も可能であることを周知してください。
4 生活保護利用者が電気代を心配せずエアコンを使えるように、この間引き下げられ続けている生活扶助基準・住宅扶助基準・冬季
加算を元に戻し、夏季加算を創設してください。

※「いのちのとりで裁判全国アクション」 http://inochinotoride.org/index.php
※厚労省から6月27日に出されたエアコン設置に関する通知について、鹿児島の保護課のエアコン未設置の優先設置対象世帯(65歳以上の方の世帯、12歳以下のこどもがいる世帯、障がいがある方や難病の方などの世帯)は最新の集約で12世帯です。

_/_/_/ 2. 児相新設検討に関して  _/_/_/_/_/_/

政府が虐待防止対策を公表しました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/index.html
鹿児島市では、児童相談所の新設が検討されています。

もっとも、虐待そのものの直接因子だけではなく、虐待が起こる背景にある、暮らしの中での様々な問題にも目を向けていくべきではないかと考えます。例えば、お金の困窮と働く環境、人間関係、精神面の疲弊、自己責任論の過剰な蔓延、生活保護の知識不足など、日頃からこれらの問題一つ一つと向き合い、政策資源の更なる集中が必要ではないかと思っています。

_/_/_/ 3. かごりん利用のご意見募集  _/_/_/_/_/_/

「自転車シティ」を2019年度予算でも充実すべく、170台ほどが常時使われているかごりんの利用状況について、ブラッシュアップに取りかかってます。特に力を入れているのは整備不良の車両発生を減らすことと、24時間サポートセンターの充実と接遇の向上です。
更にご愛用頂くために、皆さんからもリクエストやアドバイスをぜひお寄せください。

_/_/_/ 4. 市政の公共事業について  _/_/_/_/_/_/

鹿児島県が新総合体育館の建設地を巡り、中央駅西口近くの県工業試験場跡地を「最適」としたことについて、南日本新聞が県議と鹿児島市儀にアンケート調査を実施し、先日一面トップ記事で「賛成3割判断留保6割」との結果が掲載されました。
私は、建設と維持存続のファイナンスを最大懸念として回答しました。
公共施設の新増築では、維持存続のコストを常に考えて議案審査に臨みます。
一方、サッカー等スタジアム整備について、先日検討協議会幹事会がありました。更に、磯駅新設問題や市立病院駐車場跡地の宿泊に伴う国際交流施設、市立病院跡地のカフェやレストラン構想など、検討事項は山積みです。

<お知らせ>
※ナポリ通りのこども食堂 変わらず皆でお待ちしています。スケジュール等については下記までお問合せ下さい。
場所:ナガヤタワー
料金:子ども無料(高校生まで)大人300円
鹿児島市内で開催されているこども食堂の情報はこちらです。
【鹿児島市子ども食堂開催情報】
http://www.city.kagoshima.lg.jp/kodomofuku/kodomosyokudou.html

<お誘い&ご案内>

■「エイイチローのよろず相談」無所属5期目、1,500件を越える実績。
公益通報をいただいて税金の使い方を大きく改善の実績もあります。扶養照会の心配など生活保護の心のハードルにもていねいにお応えしています

■「甲突川ウォッチング」は毎月第二日曜日。 次回は8月12日
お問合せはtel:090-8229-6710 (ウシロノさん)