2018年7月2日号

_/_/_/ 1. 第2回個人質問 結果をふまえて _/_/_/_/_/_/

9月19日の本会議個人質問で、複数の項目について課題解決に向けた動きがありました。
1「小中高生の通学カバンが重すぎるのではないか問題」について。
鹿児島市立小中全校の全学年対象抽出計量結果について、教育長から答弁がありました。計量結果は小学生で6.8キログラム、中学生で11.3キログラムの。体重比15%以下の値には道半ばですが、多数の小中学校で、置き勉などを含めた軽量化への前進を獲得できました。1年前の本会議における問題提起から、改善に着実に前進しています。重すぎる通学カバンにお悩みのこどもたちのために、生徒会や保護者会、PTAの意見も伺いながら、着実に軽量化を図りたいと考えます。

2、築30年を越えた学校窓落下を受け行われた調査では、鹿児島は問題皆無と市の教育委員会からの回答があり、安心したばかりでしたが、大阪での通学路塀のいたましい事故を受け、全国緊急調査がスタートします。鹿児島での施設老朽化問題に併せてチェックを続けてまいります。

3、外国の方のために、市内240か所の避難所に、多言語対応のポスターを掲示することが本会議質問を通して実現できました。

4、無人島ピクニックから思い馳せて助言頂いた、マリンポートや動物園利用の大勢の移動に浮き桟橋を活用するという提案には、前向き評価の答弁でした。海上交通活性で、稼ぐ観光を進めたいと思います。

このほか、自殺予防、主権者教育、インキュベーション事業、包括的な性教育、経済乗数効果の五分野の政策資料を当局に提供して、秋冬と来年度議会の準備を済ませて、6月議会は終わりました。
本会議の録画はこちらから見ることが出来ます。
http://www.kagoshima-city.stream.jfit.co.jp/
※12月議会個人質問にむけたリクエストを募集しています。


_/_/_/ 2. のぐち英一郎とかたろうかい報告  _/_/_/_/_/_/

6月24日に開催した、のぐち英一郎とかたろかいは、満員御礼でした!スペシャルゲストの東川隆太郎さんによる素晴らしいプレゼンテーションの後は会場の皆さんと児童相談、災害、原発などをめぐり熱い議論の時間を持ちました。ありがとうございました。次回のかたろかい は9月29日です!


<お知らせ>

■ こども食堂
ナポリ通りのこども食堂 -みんなで食べるともっと美味しいよ-
日時: 7月14日、28日 12時~14時
場所:ナガヤタワー
料金:子ども無料(高校生まで)大人300円
その他、各食堂の情報はこちらです。
【鹿児島市子ども食堂開催情報】
http://www.city.kagoshima.lg.jp/kodomofuku/kodomosyokudou.html

■ 「あなたの食が危ない!〜種子法廃止で何が変わる?」
日時:7月21日(土)18:30〜20:30
場所:鹿児島市民文化ホール市民ホール(鹿児島市与次郎2—3—1)
参加費:資料代500円
講師:印鑰智哉(いんやく・ともや)氏
  (日本の種子を守る会事務局アドバイザー)
主催:「種から農と食卓を考える会」(会長・橋口孝久)
詳細:https://www.facebook.com/events/2060489860887271/

■ 鹿児島市立美術館 特別企画展「ミュシャ展~運命の女たち~」
日時:7月20日(金)~9月2日(日)
場所:鹿児島市立美術館
ヨーロッパで隆盛した芸術運動アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、ミュシャ。チェコのチマル博士のコレクションから、約150点を鹿児島で初公開。


<お誘い&ご案内>

■「エイイチローのよろず相談」無所属5期目、1,000件を越える実績。
公益通報をいただいて税金の使い方を大きく改善の実績もあります。扶養照会の心配など生活保護の心のハードルにもていねいにお応えしています

■「甲突川ウォッチング」は毎月第二日曜日。 次回は7月8日
お問合せはtel:090-8229-6710ウシロノさんまで。