2016年3月5日号-本会議個人質問3月7日行います-

_/_/_/1.今期最後の本会議個人質問は、3月7日10時から _/_/_/_/_/_/

3月7日(月)午前10時から、本会議で今期最後の個人質問です。
市民全体の公共利益と、政治としての合理的配慮から、質問は以下の6項目に絞りました。
1、障がいがある方のスポーツ振興
2、市営住宅のくじ引きと保証人について
3、遠隔地から市内の学校に進学する子ども達の下宿ニーズと供給過不足について
4、緊急車両が通行不可能な道路の整備について
5、電力小売り自由化について
6、五代友厚ブームにあやかる原口泉さん県立図書館長さんとディーンフジオカさんの
イベント開催について

ぜひ、議場にいらしてください。
インターネット中継もみれます

http://www.kagoshima-city.stream.jfit.co.jp/

産後ケアの仕組みも、日帰りケアが産後3か月以内に7回使える、と言う政策前進も
ママ友のみなさまと動いて伝えて獲得できました。
困窮支援にも、無料学習支援以外に、栄養管理や糖尿病対策も入ったし、
これまで、市民のニーズを反映するために、動いて発信した積み重ねの成果を、
随所に実感する新年度予算案です。



_/_/_/2.防犯灯設置 _/_/_/_/_/_/

活動報告を読んでくださった方から、町内会の運営がスムーズでなく、防犯灯が付かないので
なんとかしてほしい、とのよろず相談を昨秋いただきました。
現地調査をして、関係者にそれぞれお話をしてから数カ月、ようやく防犯灯設置となりました。
町内会は自治組織であり、対話と合意形成に充分な時間を確保できたら、
議員がお手伝いしないと不可能なことはあんまりないのではないかと思います。
合理、妥当、地域住民ニーズ、公正公平な行政関与、有限な財源、優先順位、
再分配における公平性の確保、鹿児島市に暮らすことの安全や安心のために、これからも、
いただくよろず相談に、コツコツ具体でお答えしていきます。


_/_/_/3.一人の一票から _/_/_/_/_/_/

大学で講義をさせていただくと、申し合わせでもしたかのように
違う学部、違う学年、違う大学で、同じ嘆きを投げかけられてきました。
「政治家なんて誰がやっても変わらないんじゃないですか」
「自分の一票で物事が良いように変わるなんて考えられないです」
毎回、面と向かって丁寧に説明して、その誤解を否定して来ました。
政治家なんて誰がやっても同じ、なんてことは全くなくて、その政治家の活動の場は、
1人1人の一票からしかはじまりません。


*************************
〈お知らせ〉
■ 鹿児島市議会本会議 のぐち英一郎個人質問
 2016年3月7日(月)10時~

*************************

<お誘い&ご案内>
■「エイイチローのよろず相談」16年間、1,000件の実績。最近は公益通報も頂いております。
生活保護の申請にも80件同行させていただき肝心なところのお手伝いをしています。
のぐち英一郎の携帯は080-4314-1121

■「甲突川ウォッチング」は毎月第二日曜日。お問合せは090-8229-6710ウシロノさんまで。

■「NPO法人かごしまホームレス生活者支えあう会」炊き出しのおにぎりづくりと月1夜回りの
ボランティア随時募集。詳しくは、ウェブサイトにて。
http://entaku.info

応援する!ボタンをクリックするだけでポイントが貯まり、無料で支援することができるサイトです。
http://gooddo.jp/gd/group/sasaeaukai/

*************************
すべての情報についてのお問い合わせ、配信の中止などのご連絡は下記までお願いします。
en-TAKU スタッフ toiawase@entaku.info
円卓 / 鹿児島市議のぐち英一郎 /