2011.6/16号

福島の3号機では「キノコ雲」でした。15日午前6時頃に4号機建屋5階で
大きな音(水素爆発)と火災発生、現場間近では400ミリシーベルト。
汚染汚泥の取り扱いが実質的な法の空白状態など、福島原発に起因する出来
事がドンドン起こります。情報流通が十分とはいい難い被爆回避の支援行動
も重点おいて受け入れに毎日動いています。「明日はわが身」「鹿児島市議
としての原子力防災と災害後の総合的な展開」を念頭に6月を迎えています。
2011年は国際森林年。持続可能な福祉社会づくりに進みましょう。

☆6月議会、本会議個人質問は17日金曜日の10時からです。
理想だ、非現実的と相手にされてこなかった脱原発に持ち時間の大部分を
割きます。ぜひ、議場やウェブ中継でご覧下さい。♪♪
さらに、
無駄遣い人工島・市営バス・天文館シネマ・電停とバス停の車椅子単独乗降
に持ち時間を精一杯使います。厳しいご批評をお願いします。
近年、認識はあるけれども、具体的な政策やお仕事に反映がされない様ざま
を鹿児島市役所では実感します。しかし、これまでは極めて初歩的な認識す
ら原子力発電については希薄な鹿児島市であった、と私は考えています。


「622キャンドルナイト@テンパークに参加します」

22日水曜日の18時からテンパークです。最新号が小出さん・田中優さん・
スマートグリッド特集で次号は「非電化特集」のビッグイシュー出前販売に
お手伝いに伺います。


「616・馬毛島米軍訓練移転?と川内原発を考える県民企画を考えよう」

種子島の友人からメールがきました。「全てが頭ごなし、マスコミからしか
米軍関連の報道が入ってこない。」21日からの2プラス2を目前に連日、
米軍の訓練移転報道が相次ぎます。防衛副大臣が県庁を訪れて島への自衛隊
基地建設にも言及しました。伊藤知事は地元意向の優先を述べました が、

原発1号機再開の意気込みやこれまでに種子島で自衛隊誘致の動きがあった
経過を踏まえることを考えれば、伊藤知事の真意を私は計りかねます。

こうした状況を踏まえ県下全域を対象にした「馬毛島米軍移転と川内原発運
転再開と増設」という極めて大きな問題をきっちり理解し、論考し、県内は
無論、国内における、原子力発電と在日米軍についての即時なり段階なり削
減撤退撤廃の共有認識をもつ鹿児島での状況構想をまずは話し合いましょう。
16日木曜日夜。小さな集まりです。参加ご希望の方は野口携帯まで。
(090-5489-4806)

********************************************************************

<お誘いとご案内>

■「エイイチローのよろず相談」 
個別のご相談などは、いつでもお受けしています。ご連絡下さい。近年は、
ほぼ全てが現場に出向く状況です。もちろん、市役所などでお部屋を用意
してプライベートに配慮した環境でのご相談も随時お受けしています。
ご意見・ご要望・疑問・地域課題などお気軽にお寄せください。

自宅にお越しいただく際は下記を参考になさって下さい。
□場所/「のぐち英一郎」事務所(玉里団地3丁目12-7)
□交通/市営バス3/4/8番線「玉里団地北」バス停徒歩40秒
□問い合わせ先/090-5489-4806(のぐち携帯)

■「まちづくり県民会議」この集まりは1993年の86豪雨災害をきっかけに
住民自ら議論と行動の積み重ねで、まちをつくろうと作られました。
毎月「まちづくり86ニュース」を発行しています。
馬毛島・徳之島・奄美大島・南大隅・薩摩川内・阿久根・串木野・鹿児島市
様ざまな現場と地域住民の意見と思いを交わす小さなメディアです。

更に毎月第二日曜日に「甲突川ウォッチング」と題して甲突川の源流域里山
歩きを開催しています。2011年正月で、遂に200回を迎えました。
里山歩きも下見が肝心、下見仲間を随時募集中です。

7月の206回目甲突川ウォッチングは10日です。
毎年、大好評の甲突川源流の沢歩きです。ご家族お揃いでご参加ください。

お問い合わせは090-8229-6710(ウシロノさんまで)

■「みんなで平和をつくる会 」これは911直後のアフガニスタンに対する
武力行使に際し作られた「ストップ報復攻撃かごしま」の流れを受けて作ら
れた個人参加による地域で平和を考えるためのゆるやかなつながり。
チェチェン、中東、中近東、北東アジアの安全保障など2011は
論考していきます。

■「NPO法人 かごしまホームレス生活者支えあう会」☆野口も理事を担う
NPOの基礎活動です。月曜は谷山の「にわ都市公園」で、火曜・木曜・日曜
はテンパークの中央公民館側あずまやで夕方5時からおにぎり等をお渡しし
ています。(毎月最終日曜日は中央公民館で料理教室です)おにぎりの傍ら
でさまざまなご相談を受けています。おにぎりを握ってくださるボランティ
アを随時募っています。お米は準備します。ぜひご協力下さい。

また、毎月夜回りも実施中。